Home > 売買する時の注意点 > 利益を最大限にせず、損失を最小限にする

利益を最大限にせず、損失を最小限にする

スポンサードリンク

私達がトレードをする時、ついつい相場の底と天井を見極めようとしてしまいます。

相場の底と天井を見極める事が出来れば、かなりの利益を手にする事が出来るのです。


天井と底を見極めるトレードシステムは、「利益を最大限に伸ばす。」コトに注目した方法です。

しかし、天井と底を見極める事が、相場の見極めで一番難しいです。

そろそろ底かな?と思ってポジションを立ててみても、次の日にはまた下がってる。

ほとんどの人が、そのような経験をしています。

その後は、苦し紛れのナンピンか?、痛い思いをしてロスカットか?

判断は人それぞれですが、思った流れと違う動きをしているのですから、普通に考えればロスカットです。

しかし、一度底と判断してしまったので、「ココから跳ね返って上昇するはずだ!」

と、自分の間違いを認めずに、ナンピンしてしまう人が多いですね。


実は、この考え方にはそもそも考え方の誤りがある。と私はおもっています。

もちろん、ナンピンする事もマズイです。

しかし、ナンピンする理由を探ると・・・、相場に対して、ひとつの大きな勘違いが存在しています。


それは、

「底と天井を捕まえてやろう。」と考えている事です。

この、底と天井を捕まえて利益を最大にする考えは、非常にリスクが高いです。

しかし、多くの人が底と天井を探る事で必死です。


では、私達個人投資家は、どのような点に注意してトレードすればよいでしょうか?

それは、損失を限定していく。守りの戦術です。


守りの戦術と言うと、なんか地味な感じですね。

しかし、相場で長生きするためにも、うまく防衛線を張って損失をしない方法で考えて行くコトが大切です。


よく言われる「損小利大」と同じと考えてもらってもいいと思います。

非常に有名な格言の「損小利大」ですが、どうしても「利大」に注目してしまいます。


しかし、まずは損を小さくする事に注力してください。

損を小さくする事が出来て、そこで初めて利益を大きく取る事を考える。

コレが正しい解釈だと思っています。


多くの人は、「まずは利益を沢山とって、損は出来るだけ少なくしよう。」と考えています。

私も最近まではそうでした。

利益を沢山とるコトは合理的なようですが、利益を最大に取ると言う事は、相場の底と天井を見極める事につながるので、とても難しいです。

「損小利大」の順番の通り、まずは損小に注目してトレードシステムを作ります。すると、入り口戦略が固まったシステムが出来上がります。

そのシステムで、利益が大きく取れる出口戦略を考える。

この順番が正しい損傷利大の考え方でもあり、正しいトレードシステムの作り方だと思いますよ。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved