Home > 売買する時の注意点 > シナリオを書く

シナリオを書く

スポンサードリンク

投資をするとき、どうやってますか?

「あ、なんとなく上がってきたから買ってみよう。」

「そろそろ上がりそうだから買いだな。」

「そろそろ上がりそう、テクニカル分析も買いのシグナルが出てるぞ、買っておこう。」

明確な根拠もなく、なんとなく気分で買っていませんか?

または、自分の感に正当性を持たせる、いいわけを探していませんか?

これらの方法をしている人は、今勝てたとしてもそれは、偶然で、明日からは勝てなくなってしまうかもしれません。

この、感や気分での投資は、大きな問題を抱えています。


それは、損切りできない点です。

元々、明確な考えを持って構築したポジションではありません。

そのため、もし反対側に動いたとしても、

「もう少ししたら跳ね返って来る。」

と根拠がない、あらぬ妄想を抱いてしまいます。

だから、損切りできずに被害を多きくしてしまうのです。


これを防ぐためには、最初からロスカットするレートと、利食いのレートを決めておいて、OCOで注文しておくと良いでしょう。

ロスカットと利食いについては、比率で計算しても良いですし、自分が描いたシナリオで注文しても良いです。

まずは、気分や感でポジションを立てることをやめて、入り口と出口の戦略をしっかり立ててからポジションを構築してください。

トレードを開始するには、行き当たりばったりではなく、まずシナリオを描くことがとても大切です。

始めは面倒くさいですが、身に付けば強力な武器になりますので、地道に経験を積んでいきましょう。

最初のうちは、無料のデモトレードで投資手法を固めておくと良いと思いますよ。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved