Home > 為替相場の売買手法 > 買い下がり、売り上がり

買い下がり、売り上がり

スポンサードリンク


あるレンジ内を上下する横ばい相場での売買戦略に、売買する範囲を決めて買うという方法があります。

それが、買い下がりと売りあがりです。

買い下がり売り上がり

レンジ内を上下するといっても、正確にレンジの上の値段と、レンジの下の値段がそろっているわけではありません。


そこで、レンジの上下に売買ゾーンを作っておきます。

そして、レートが売りゾーンに入ったら売ってレートが下がるのを待つ。

レートが買いゾーンに入ったら、買ってレートが上がるのを待つ。

といった、最初に作った範囲に合わせて売買する方法があります。


ポジションを構築するときは、一度に全部のポジションを構築せずに、少しずつポジションを立てて、様子を見ると良いです。

もちろん、レンジからはみ出るようなことがあれば、損切りします。

このような方法を、「買い下がり、売り上がり」といいます。


「買い下がり、売り上がり」は、ナンピン買いに似ていますが、まったく違うものです。

ナンピン買いは、自分の予想が外れたときに、低いレートで買い増しすることで、売買単価を下げて少ないレートの変動で、含み損を減らそうという考え方です。


買いさがりは、買いゾーンに入ったけれども、ほんとに反転するか確認しながら、少しずつ買いを入れておく方法です。

もちろん、レンジから外れたらロスカットです。

ナンピン買いと、買い下がりを混同して、レンジから外れたからナンピン買いをする。といった致命的な勘違いはしないように!

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved