Home > バックナンバー > システムの利点『いつも同じ基準でトレードできる』

システムの利点『いつも同じ基準でトレードできる』

スポンサードリンク

===========================2006/12/04===

エクセルでシステムトレードの作り方&運用奮闘記
<第3号>
===================================

登録してくれた読者の皆様、はじめまして!
メール発行人のきむらです。

た〜〜〜くさんあるメルマガの中から、私のメルマガを選んでいただき、
ありがとうございます。

読者の皆さんの期待に沿えるようなメルマガにしていきたい!
と思いますので、これからも末永くお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

まず、最初というコトで・・・、

「システムトレードって何?どこがいいの?」

という点について、書いています。


すでに、システムを作って投資している方もいると思います。
そんなあなたには今更かもしれませんが、復習の意味もかねて呼んでいただけれ
ば幸いです。

それに、考え方は人それぞれ、もしかしたら自分とは違った解釈があるかも?


前回のメールで、システムの利点について全体的に考えてみました。

(システムトレードの利点を考える。
http://www.fxmemo.net/system/300/314/001503.html )


そこであがった利点「いつも同じ判断で投資することができる。」
について、考えて行こうと思います。


■皆さんは、投資をする時にどのようにされていますか?

・MACDが○○で、RSIが○○以下なら買い。
などの判断基準を覚えていて、チャートを見てそのようになったら売買する。


・売買判断基準が、紙やファイルに書いてあって、その通りに売買している。

上にあげたのは、私がエクセルを使う前の投資判断方法ですけど・・・。

そういう人が、ほとんどではないかと思います。


■しかし、ただ判断基準を紙に書いてある、覚えている、といっただけでは、
いつも同じ判断基準で投資している。

とはいえないですよね?


私もそうだったんですけど、MACD、RSI組合せでは、サインが出ていなく
ても、他のテクニカル指標ではサインが出ている。

というコトは結構あります。


そして、売買基準を決めているはずなのに、サインが出ている指標を探してきて、
買いサインが出ているから、買おう!なんかあがりそうだし(^^)

と、自分に言い聞かせて?(笑)

買ってみたら、損した。

というコト、ありませんか?
(私はかなりありました・・・。)


■はっきりした基準を持たずに、トレードするコトを自由裁量と言われています。
自由裁量で勝てる投資家は、まさに天才です。

でも、私も含め、相場で勝つ方法を探している時点で、残念ながら天才ではない
んです・・・(;_;)


では、「天才じゃないと相場では勝てないのか?」といわれると、
そんなことはありません。


凡人にも勝てるようになるコトができます。
そのために必要なのが、システムなのです。

統計的に勝てる(はずの)システムを使って、投資を続けるコトが、
凡人がトレードで勝つためには必要なんです。


長くなってしまったので、次回に続きます・・・。

(なぜ、システムが必要かというコトについては、次に続く)


----------------------------------------------------------------------
■編集後記

今週末は、久しぶりに2日とも家で過ごしていました。

時間があるというコトで、システムをエクセルで作成中です。

エクセルで作るのって、結構時間がかかるんですよね〜。
でも、一度作ってしまえばあとは楽なので、頑張ります。

システムは大体できたので、これからテストして、
今週中には仮運用まで持って行きたいです。

===================================
□発行責任者: きむら ひろあき
□発行元:為替投資入門
       http://fxmemo.net
□まとめサイト:エクセルではじめる、FXシステムトレード
         http://fxmemo.net/system/
□ご意見・ご感想は melmaga@fxmemo.net までお願い致します!
□当メルマガにより生じる損害・トラブル等について責任は負いません。
 投資は自己責任でお願いします。

□登録解除: http://www.mag2.com/m/0000217827.html
□発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2006- All Rights Reserved.
===================================

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved