Home > 為替のテクニカル分析 > 各指標のパラメーターはどのように設定するのがいいの?

各指標のパラメーターはどのように設定するのがいいの?

スポンサードリンク

テクニカル分析での投資を考えた人は、初めは少なからずこう思ったでしょう。

「指標は一体いくつが良いのだろうか?」


私もかなり悩みました。


例えば移動平均線は、10日、20日、50日、75日などの初期値があります。

しかし、それにこだわらずに数字を色々変更できます。

・初期のままで使えばいいのか?

・自由に設定しなおしていいのか?

・自由に設定したらカーブフィッティングにならないのだろうか?

色々と悩むことは多いと思います。


私も最初にテクニカル分析を始めたときは、毎日数値をいじっては、上がる。下がる。と予想していました。

結果は、ほとんどは見事にハズレ。

たまに当たるかな?といった感じでした。

それはそうですよね、何の根拠もなしに今のチャートにあわせこんで、それっぽく判断していただけですから(笑)

私がしたことは、予想しているのではなく、予想を正当化していただけでした。


よく考えれば、このテクニカル分析の各数値は、ノウハウに相当する部分ですよね。

どのテクニカル分析を組み合わせて、どの数値で見て売買の判断するか、がテクニカル分析でトレードするノウハウになるんですから・・・。


わたしは、そのことに気が付いてから、すべてのテクニカル分析の設定は初期値で見ています。

最近は、テクニカルで出た指標をどのように判断するか。に力を入れています。

自分が自信の持てる判断方法を見つけ出すことが大事だと思うからです。


あなたも、何か自信のある武器を見つけ出してください。武器があれば、勝ちに一歩近づくはずですよ。

【注意】記事内では、指標のパラメーターは変更しないとなっています。
しかし、その後の研究の結果、変更が必要です。

自分の投資期間にあわせこむ必要があります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved