Home > 為替のテクニカル分析 > テクニカル分析

テクニカル分析

スポンサードリンク

テクニカル分析とは、「過去のチャートの動きから何かしらの法則を見出して、将来の値動きを予測する。」ために編み出されたチャート分析方法です。

テクニカル分析には、非常に多くの数があります。

大きく分けると、トレンドフォロー系、オシレーター系、その他の3つに分かれます。

トレンドフォローの特徴は、トレンドの方向性と強さを測ることができる指標です。
大きなトレンドの方向性を図るのに適していいます。

しかし、チャートが動きはじめてから指標が変化するので、相場の変化を事前に予測するコトは、なかなか難しいです。


オシレーター系は、相場の行き過ぎを知ることができる指標です。
横ばいトレンドで、売られすぎなのか、買われすぎなのか、の判断をするのに適しています。
ただし、強いトレンドが出ている場合は、ほとんど機能しません。


このように、テクニカル分析はそれぞれ一長一短があり、ひとつで完璧な指標は存在していません。
それを補うために、複数のテクニカル分析を組み合わせて売買のタイミングを計るコトになります。


組み合わせるときも、同系統のものだけでは使いません。
たとえば、同じオシレーター系を複数使ったとしても、売られすぎ、買われすぎの判断しかしていないからです。


基本的に、テクニカル分析を使う場合は、トレンドフォロー系とオシレーター系の違う系統のテクニカル分析を組み合わせるのが普通です。


あと、かなり多くの指標を使って判断しようとする人がいますが、2〜3個のテクニカル分析を使用すれば十分です。

テクニカル分析を組み合わせて判断するというコトは、組み合わせた分だけ売買条件を絞り込んでいくことになります。

絞り込みすぎると、カーブフィッティングの危険が伴います。
複数の指標を組み合わせた結果、作りこんだ相場以外では、めったに売買条件に当てはまらない、なんてコトになってしまいます。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved