Home > 為替のテクニカル分析 > ストキャスティック

ストキャスティック

スポンサードリンク

売られすぎ、買われすぎといった情報をしめす、オシレーター系のテクニカル指標の代表選手です。

%Kの数値を判断して、80%以上なら売り、20%以下なら買いといわれいます。

早く相場の動きに反応する%Kとは別に、緩やかに反応する%Dもあります。


レートに早く反応する%Kと、遅効性のある%Dのゴールデンクロスと、デッドクロスを、上記の買われすぎ、売られすぎの判断と混ぜて使います。

■20%以下で、%Kが%Dを下から上にクロス(ゴールデンクロス)した場合は買い。

■80%以上で、%Kが%Dを上から下にクロス(デッドクロス)した場合は売ります。


%Kの動きは激しすぎるので、だましも多く出てしまいます。

そのため、%Dよりももっと遅い、slow%D(%SD)を使って判断する方法を、スローストキャスティックといいます。
ストキャスティック

スローストキャスティックも、通常のストキャスティックと売買の判断は同じです。


■20%以下で、%Dが、slow%Dを下から上に抜けたらゴールデンクロス。

■80%以上で、%Dはがslow%Dを上から下に抜けたらデッドクロス。


敏感すぎる%Kを使うよりも、%Dと%SDを使ったスロストキャスティックのほうがだましも少なく、非常に使いやすいです。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved