Home > 為替のテクニカル分析 > システムトレーディング

システムトレーディング

スポンサードリンク

テクニカル分析は、一長一短があるので、良いところを組み合わせて、判断するコトになります。

過去のチャートから、良い組み合わせを探し出し、その判断にしたがって売買します。

その売買サインが自動的に出るように作ったシステムに従って売買する事を、システムトレーディングと呼びます。


システムトレードには、非常に大きな利点があります。

チャートの動きを予測しているうちに、今後はこっちに動くはずだと思い込み、そうなる理由を探していることが多いです。

しかし、それはあくまでも思い込みから来る予測なので、殆どあたらず負けてしまいます。

システムトレーディングは、そんな思い込みでする売買をなくすコトができます。


しかし、実際に売買の注文を出すのはあなたです。

あなたは、システムの作成者です。システムが予測をはずすことも知っています。

できれば、外れる予測は、注文しないで済むようにしたい。と考えると思います。


しかし、その考えがシステムトレーディングの場合は邪魔になってしまいます。

例えば、今の相場は急落しています。しかし、システムでは買い判断が出ている。

こんな場面に出くわしたとき、「これが反転することは考えられない。」と、あなたは注文をしなかった。

しかし、システムの予測のとおり、次の日、チャートは反転していた。


システムといえど、完璧なものはありません。もちろん、間違った判断をすることもあります。

しかし、トータルで勝てるようなシステムになっているはずです。

それを、あなたが信用せず注文しなかったら、システムが正しい判断をしていたとしても、やはり勝つことができません。


変に相場を知っているために、システムの判断を自分でも判断して売買しない。

そんなことをしていると、システムトレードを導入した意味も半減です。それに、自分の判断によっては、負け続ける可能性もありえます。


システムトレーディングは、システムを作るときに強いコダワリを持て作成し。自分で納得ができたら、
作ったシステムを信用して売買する。

そんな強い気持ちが必要です。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved