Home > 為替のテクニカル分析 > ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスとデッドクロス

スポンサードリンク

テクニカル分析の多くは、短期線が長期戦よりも上にあったら上昇トレンド。下にあったら下降トレンドという判断をします。

長い期間の平均値である長期線よりも高い位置でレートが推移しているので、上昇トレンド中であると判断します。

ゴールデンクロスデッドクロス

逆に、長期線よりも短期線が下にあるのは、長期線の区間の平均よりも下のレートで推移しているからです。
そのため、長期線よりも短期線が下にある場合は下降トレンドと判断します。


トレンドが切り替わるとき、短期線と長期線がクロスします。


短期線が、長期線を下から上へ抜けたときは、上昇トレンドになったことを意味するので、ゴールデンクロスと呼びます。

逆に、短期線が、長期線を上から下に抜けたときは、下降トレンドになったことを意味するのでデッドクロスと呼びます。


この、ゴールデンクロスとデッドクロスは、トレンドフォロー系の指標ではよく使われる判断方法です。


しかし、ゴールデンクロス、デッドクロスには最大の欠点があります。

それは、トレンドフォロー系の特徴である、遅効性です。


遅効性とは、チャートの値動きがテクニカル指標に現れるのが遅いことをさします。

テクニカルに出るのが遅いということは、その判断が出たときに買ったのではすでに遅いのです。


遅効性は、指標の日数を少なくすればきにならないていどになってきます。

しかし、指標の日数を減らすと、1日のデータの比重が大きくなるために、だましが多くなってしまいます。


そのために、単純にゴールデンクロスとデッドクロスだけで売買しないほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved