Home > 為替のテクニカル分析 > グランビルの法則

グランビルの法則

スポンサードリンク


グランビルの法則は、米国の有名なアナリストのグランビル(Joseph Granvill)が移動平均線と株価との関係から考え出した、売買法則です。


株で見つけた法則ですが、為替も相場ですので、株で使用できるものは基本的に、ほとんど使えると思って問題無いでしょう。


グランビルの法則は、4つの買いシグナルと、4つの売りシグナルがあります。

買いシグナル4種類

1.為替レートが、移動平均線を大きく上に抜けたとき。

2.移動平均線が上昇を続けているときに、為替レートが移動平均線の下になったとき。

3.為替レートが、移動平均線の上にあるときに、レートが移動平均線に向かって下がり始めたが、移動平均線を下回らずに跳ね返ったとき。

4.移動平均線が下に向かっているとき、為替レートが移動平均線から大きく離れて、移動平均線に戻る動きを見せたとき


グランビルの法則


売りシグナル4種類
1.移動平均線が上昇後の横ばいや下降のときに、為替レートが大きく移動平均線を下に抜けたとき。

2.移動平均線が下降しているときに、為替レートが移動平均線の上になったとき。

3.為替レートが、移動平均線の下にあるときに、レートが移動平均線に向かって上がり始め、移動平均線を上回らずに跳ね返ったとき。

4.移動平均線が上昇しているとき、為替レートが大きく離れて、移動平均線に戻る動きを見せたとき。


なかなか判断が難しいですが、グランビルの法則を自分流に要約すると、

・移動平均線から離れすぎた為替レートは戻る動きをするので、その兆しが見えたらポジションを構築する。

・移動平均線を大きく突き抜けた場合は、ポジションを構築する。

・移動平均線は上昇中ならサポートライン、下降中ならレジスタンスラインとして機能する。


グランビルの法則は、移動平均線の日数の取り方で大きく変ります。

短期で判断すると、値動きに敏感になるため売買サインが多く出ますが、だましも多くなってしまいます。

長期で判断すると、値動きに鈍感になるので、売買タイミングを逃すことになります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved