Home > 為替のテクニカル分析
チャートの今後の動きを予測する方法に、テクニカル分析があります。 ここでは、テクニカル分析の特徴や、テクニカル分析の種類と使い方の解説をします。
スポンサードリンク

MACD

MACDは、トレンドフォロー系のテクニカル指標です。

長期の平滑移動平均から、短期の平滑移動平均を、引き算して導き出した「MACD」。

MACDの移動平均線から導き出した「MACDシグナル」の2本の線で作られた指標です。

カーブフィッティング

テクニカル分析の組み合わせや、各種パラメーターの変更を行っていくと、勝率90%などの非常に勝率の高い組み合わせのシステムができてしまうことがあります。

これで、自分も億万長者の仲間入りだ!とトレードを開始してみると、思ったような結果が得られない。

それどころか、負けてばかり・・・。なんてコトになることがあります。

グランビルの法則


グランビルの法則は、米国の有名なアナリストのグランビル(Joseph Granvill)が移動平均線と株価との関係から考え出した、売買法則です。

ゴールデンクロスとデッドクロス

テクニカル分析の多くは、短期線が長期戦よりも上にあったら上昇トレンド。下にあったら下降トレンドという判断をします。

長い期間の平均値である長期線よりも高い位置でレートが推移しているので、上昇トレンド中であると判断します。

システムトレーディング

テクニカル分析は、一長一短があるので、良いところを組み合わせて、判断するコトになります。

過去のチャートから、良い組み合わせを探し出し、その判断にしたがって売買します。

その売買サインが自動的に出るように作ったシステムに従って売買する事を、システムトレーディングと呼びます。

ストキャスティック

売られすぎ、買われすぎといった情報をしめす、オシレーター系のテクニカル指標の代表選手です。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、「過去のチャートの動きから何かしらの法則を見出して、将来の値動きを予測する。」ために編み出されたチャート分析方法です。

テクニカル分析には、非常に多くの数があります。

大きく分けると、トレンドフォロー系、オシレーター系、その他の3つに分かれます。

移動平均線

移動平均線は、過去何日過分の終値の平均を求め、折れ線グラフにあらわしたものです。

移動平均線は、Moving Averageと言うため、MAと表記されることもあります。

各指標のパラメーターはどのように設定するのがいいの?

テクニカル分析での投資を考えた人は、初めは少なからずこう思ったでしょう。

「指標は一体いくつが良いのだろうか?」


私もかなり悩みました。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析


投資家の判断基準には、ファンダメンタルズ分析と、テクニカル分析があります。

ファンダメンタルズ分析は、各国の政策金利や、要人の発言、など、政治や経済の動向から相場の動向を判断して、売買する方法です。

だましについて


ポジション構築の入口と出口を指示してくれるテクニカル指標。

非常に便利なものです。

うまく売買サインが出るように組み合わせれば、細かい事は考えなくても勝てるようになってしまいます。

そこまで行けば、しめたもの。後は、サインの通りに売買して、金持ちになるのを寝てますばかりです(笑)

しかし、この勝てるシステムを作るコトが非常に難しいんです。

強気の乖離と弱気の乖離


乖離というコト場をご存知でしょうか?

投資の書籍や、サイトなどを見て歩くと、頻繁に目にする言葉だと思います。


乖離とは、実際の価格と、各種テクニカル指標の強さの違いの事を指しています。


テクニカル指標と、価格との強さの違い。といわれてもピンと来ないと思いますが・・・、

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved