Home > チャートパターンについて > 逆ヘッドアンドショルダー

逆ヘッドアンドショルダー

スポンサードリンク

逆ヘッドアンドショルダーは、相場の底で見られるチャートパターンのひとつです。

このパターンは、下降トレンドから、上昇トレンド入りしたことを示しています。

逆ヘッドアンドショルダー


逆ヘッドアンドショルダーは、その名前が示すとおり、ヘッドアンドショルダーをひっくり返した形をしています。

3つの谷と2つの山から作られ、2つ目の谷が下に突き出ている形です。

また、両側の谷2つと、2つの山は、それぞれほとんど同じ位置にできます。


逆ヘッドアンドショルダーは、1つ目の谷と、2つ目の谷が下降トレンドになっています。

しかし、3つ目の谷が2つ目の谷間で行かずに、下降トレンドが終了しています。


同じくらいの高さにある、2つの山が作るレジスタンスラインをネックラインと呼びます。

ネックラインをブレイクする(上回る)と上昇トレンド入りする可能性が高くなります。


ポジションは、ネックラインをブレイクした直後に構築することが多いです。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved