Home > チャートパターンについて > ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダー

スポンサードリンク

ヘッドアンドショルダーは、上昇トレンド終了時に見られるチャートパターンのひとつです。

ヘッドアンドショルダーは、3つの山から作られます。

中央の山が飛び出ていて、その両側の山が中央よりも低い山になります。

両側の山の高さは、ほとんど同じ高さです。

ヘッドアンドショルダー


中央の山がヘッド(頭)、両側の山がショルダー(肩)のように見えることから、ヘッドアンドショルダーという名前が付いています。

また、三尊とも言います。


ヘッドアンドショルダーは、1つ目の山(左肩)と、2つ目の山(頭)は上昇トレンドになっています。

2つ目の山(頭)から次の山に行くときに、上昇トレンドにならずに1つ目の山(左肩)と同じくらいの高さになってしまっています。

そのため、上昇トレンドの関係が崩れて、上昇トレンドの終了をしますチャートパターンです。


また、ヘッドアンドショルダーは、1つ目の谷と、2つ目の谷がほとんど同じ位置になります。このラインをネックラインと呼びます。

この2つの谷が作るネックラインを下回ったら、下降トレンドに向かっていくパターンです。

ポジションは、2つの谷が作るネックラインをブレイクダウン(下回った)ところで構築することが多いようです。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved