Home > チャートパターンについて > サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインとレジスタンスライン

スポンサードリンク

相場の動いている方向を表すのがトレンド。

どの方向のトレンドでも、必ず上がったり下がったりを繰り返し、山と谷を作りながら進みます。

サポートライン&レジスタンスライン


下がっていくレートは、必ずどこかで跳ね返って谷を形成します。

谷を作った付近のレートには、下がろうとする力を押し上げる何かが働いていると考えられます。

その付近の価格をサポートラインと呼びます。


逆に、上がっているレートは必ずどこかで下がり始めます。

山を作った付近のレートには、これ以上レートが上がらないようにする力が働いています。

その付近の価格をレジスタンスラインと呼びます。


上昇トレンドの場合は、サポートラインとレジスタンスラインを上回って上昇していきます。

もし、前回のレジスタンスラインを上回らずに下がってきた場合、このままレートが下がり続けると「前回のレジスタンスを上回る。」という上昇トレンドの法則を破ることになります。

こうなったときが、上昇トレンドの終わりを表しています。


下降トレンド意の場合は、サポートラインとレジスタンスラインが必ず下回りながら下降していきます。

もし、前回のサポートラインを下回らずに上昇した場合、このまま上がり続ければ、下降トレンドから他のトレンドに切り替わったことになります。


サポートラインとレジスタンスラインは、先々のサポートライン、またはレジスタンスラインのどちらかになる可能性があります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved