Home > チャートパターンについて > ろうそく足とは

ろうそく足とは

スポンサードリンク


ろうそく足とは、相場の値動きを記録するための記述法のことです。

見た目がろうそくの様に見えることから、この名前が付いたらしいです。

ろうそく足

ろうそく足は、高値、安値、始値、終値の4つで作られます。

ろうそく足は、四角い箱を串で指したような形をしています。

上下に出ている線をひげといいます。上側の線を「上ひげ」、下側の線を「下ひげ」といいます。


上ひげの一番上が「高値」、下ひげの一番下が「安値」を表しています。


また、ろうそく足には白、黒などの色が付いています。

色によって、期間内の相場の値下がりと値上がりを表します。


白色のろうそく足は、値上がりしていて、陽線と呼びます。

黒色のろうそく足は値下がりを表していて、陰線と呼びます。

ろうそく足の色によって、箱部分の上辺と下辺が、「高値」と「安値」のどちらかを示すような形になっています。


ろうそく足を時間軸で並べたグラフを、チャートといいます。

1つのろうそく足の期間が1日単位だった場合、そのチャートは日足といいます。

同様に、期間によって月足、週足、15分足、1分足などになります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved