Home > チャートパターンについて
ろうそく足で値動きを描いた、チャートは、あるパターンを示す事が非常に多いです。 ここでは、そのパターンについて解説します。
スポンサードリンク

ろうそく足とは


ろうそく足とは、相場の値動きを記録するための記述法のことです。

見た目がろうそくの様に見えることから、この名前が付いたらしいです。

サポートラインとレジスタンスライン

相場の動いている方向を表すのがトレンド。

どの方向のトレンドでも、必ず上がったり下がったりを繰り返し、山と谷を作りながら進みます。

ダブルトップ

ダブルトップは、上昇トレンドの終わりに見られるチャートパターンのひとつです。

ダブルトップは、その名のとおり、二つの山から作られます。

2つの山は、たかさがほとんど同じコトが大きなです。

ダブルボトム

ダブルボトムは、下降トレンドの終わりに見られるチャートパターンのひとつです。

ダブルボトムは、その名のとおり、二つの谷から作られます。

2つの谷は、同じくらいの深さ(?)になるのが大きな特徴です。

チャートパターンとは


ろうそく足で作成されたグラフをチャートと呼びます。

そのチャートは振り返ってみると、何かしらの形を作っていることが多いです。

それらの形を、チャートパターンといいます。

トレンド

相場は、山と谷を作りながら、ある方向に向かって進んでいきます。

その向かっていく方向がトレンドです。

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーは、上昇トレンド終了時に見られるチャートパターンのひとつです。

ヘッドアンドショルダーは、3つの山から作られます。

中央の山が飛び出ていて、その両側の山が中央よりも低い山になります。

両側の山の高さは、ほとんど同じ高さです。

逆ヘッドアンドショルダー

逆ヘッドアンドショルダーは、相場の底で見られるチャートパターンのひとつです。

このパターンは、下降トレンドから、上昇トレンド入りしたことを示しています。

エリオット波動その1

エリオット波動とは、米国のチャート分析家ラルフ・ネルソン・エリオットが発表した分析方法です。
エリオット波動論、エリオット波動分析とも言われます。

エリオット波動その2

エリオット波動は、5つの上昇と3つの修正波から作られる波動です。
(参考:エリオット波動その1

ここでは、各波動がどの程度まで上昇/下降するかの目安を計測する方法を紹介します。

押しと戻り

為替相場は、大きく上がったり下がったりを繰り返して動いていますが、その大きな波の中にも小さな波を繰り返しています。


チャートの期間を年足でみても、為替相場は波打って動いていますし、期間を、月足、週足、日足と短くして行っても為替相場は波打っています。

このように、為替相場は波打ちながら、大きく上下に動いています。


押しと戻りは、その波の中のある条件の時の波を指しています。

トレンドラインの引き方


相場の波の山と谷が切り上がっていくトレンドを上昇トレンド。

相場の波の山と谷が切り下がっていくトレンドを下降トレンドといいます。

(トレンドの詳細は、トレンド

トレンドの流れに乗るポジションの取り方

いざ、相場でポジションを取る時は、トレンドに乗って取引するほうがいい。

というコトは、知っていると思います。


しかし、いざ、チャートを目に前にして見ると、トレンドフォロー、トレンドフォロー・・・

と思いながらも、振り返るとトレンドの流れに逆らってポジションを取っているコトってありませんか?

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved