貿易収支

スポンサードリンク


貿易収支とは、その国の政府や民間が行った貿易の、輸入額と輸出額の差を算出したものです。

輸出のほうが多ければ貿易黒字になります。

逆に輸入が多ければ貿易赤字になります。


貿易黒字になれば、通貨高の傾向に、貿易赤字や貿易黒字が少なくなると、通貨安の傾向になります。

貿易の場合、決算時に通貨を交換して自社に送る必要があります。


輸出黒字国の日本を例にすると、日本の企業が輸出した場合、輸出した商品の売り上げ回収のために、円に交換して日本の本社に送ります。

このとき、円が買われるので、貿易黒字が多いと円が変われる量が多くなり、結果として円高方向に進みます。

貿易黒字額が少なくなると、例年よりも貿易により円が買われる量が少なくなるので、円安方向に動きます。

日本の場合は、全取引量における貿易の比率がそれほど大きくないので、あまり影響はないようです。


しかし、アメリカは貿易赤字国です。特に中国に対する赤字が多いため、人民元の変動相場制に躍起になっています。

人民元がドルにたいして元高ドル安になれば、その分アメリカは中国から安く輸入できるので、人民元が自由化されれば、米国の貿易赤字が減るという目論見です。


アメリカの貿易収支がどちらの方向に進んでいるのか、前回との比較で見ると良いと思います。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved