Home > トレード手法の実践

スポンサードリンク

ドルコスト平均法

長期投資をする上で大切な点は、できるだけ低いレートで購入することです。

しかし、長期運用するため、10年後、20年後の将来は誰も予想できません。

安い!と思って買った通貨は、もしかしたら、今後どんどんレートが下がっていき、実は高値掴みになるかもしれませんよね。

そんな不安から身を守る方法として編み出されたのが、ドルコスト平均法です。

実践集とは

為替の売買手法は、数多くあります。

しかし、すべてが使いやすいということはありません。

使いやすいものもあれば、使いにくいものもある、それは人それぞれだと思います。

ココでは、自分が使い勝手の良いものを探すために、サイトで紹介した売買手法を試すコトを目的としています。

MACDとスローストキャスティックのコンビネーション売買

複数の指標を使って売買の判断をする、テクニカル分析。

その中でも、トレンドフォロー系とオシレーター系の指標を組み合わせて使うことで、大きな効果を発揮します。

ココでは、トレンドフォロー系のMACDと、オシレーター系のスローストキャスティックの組み合わせの売買方法を紹介します。

第1回ドルコスト平均法の実践 米ドル編


長期投資で、安定的に運用する方法として効率の良い方法がドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法を実践して、その効果を確認していきます。

第2回ドルコスト平均法の実践 豪ドル編

長期投資で安定して運用する方法として有名なドルコスト平均法。

ココでは、ドルコスト平均法を実践して、その有効性を確認していきます。

MACDとスローストキャスティックのコンビネーション売買の実践その1

売買手法として、かなり有名なMACDとスロールトキャスティック組み合わせですが、実際にはどのくらいの勝率があるのでしょうか?

ここでは、過去のチャートから、どのくらいの勝率があるか確認していきます。

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved