Home > エクセルでチャートソフトを作る!【連載】 > 第3回:日付データの書式設定を、日付から標準(数値)に変更する。

第3回:日付データの書式設定を、日付から標準(数値)に変更する。

スポンサードリンク

前回の、第2回:チャートの元となる、4本値のデータを手に入れよう。で、チャートにするデータもそろったことだし、いざチャート作るぞ!と思ったんですが、チャートにするには、もう1段階の作業が必要です・・・。

それは、日付のデータの書式設定を、日付から、標準(数値)に変換するコトです。

セルの書式設定が、日付になっている場合は、日付以外の書式に変更する必要があります。

ここでは、第2回:チャートの元となる、4本値のデータを手に入れよう。で配布したファイルを変換する方法を書いていきます。

まず、日付の書かれているセルの書式を確認します。

私は、EXCEL2000で行っているので、あなたのEXCELのバージョンでは表示など違うかもしれませんので注意してくださいね。

左クリックでA2のセルを選んで、「右クリック」、「セルの書式設定(F)...」の順に押します。

左クリックでA2のセルを選んで、「右クリック」、「セルの書式設定(F)...」


ここで、出てきたセルの書式設定の「表示形式」が、日付になっているので、コレを日付以外(標準など)に変更する必要があります。

セルの書式設定の「表示形式」が、日付になっている


変更方法は・・・、

まず、セルF2に、「=YEAR(A2)&"/"&MONTH(A2)&"/"&DAY(A2)」と記述します。

そうすると、見た目上は、セルA2と同じ表示見えます。

でも、セルの書式設定は、「標準」になっていると思います。

まず、セルF2に、「=YEAR(A2)&


セルF2をA列のセルの最後の位置になるまで下方向にコピーして行きます。


F列の表示と、A列の表示が、見た目同じになったら、F列の内容をA列にコピーします。

ペーストする時に、右クリックで、「形式を指定して貼り付け」を選択します。

そこで、値を選択して貼り付けます。このままでは、書式が日付のままなので、同じようにして、書式を貼り付けます。

最後に、F列を削除して出来上がりです。


こすれば、チャートを作る準備は完了です!!


説明が良くわかんない・・・。
そんなことするのめんどくさい。

という人用に、すでに変更済みのシートを置いておきますので、欲しい人は持って行って下さい。

usd4hon_20061116_2.xls


エクセルでチャートソフトを作る!連載一覧


第4回:為替チャートを表示させる
第3回:日付データの書式設定を、日付から標準(数値)に変更する。
第2回:チャートの元となる、4本値のデータを手に入れよう。
第1回:エクセルでオリジナル為替チャートを作ろう!

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved