Home > 外国為替取引業者比較 > FX−naviの徹底研究

FX−naviの徹底研究

実際のトレードを始めると、気になってくるのが取引コストです。
取引コストとは、往復手数料と、スプレッドのコトを指します。

「もうちょっと手数料が安かったら勝ててたのに。」

「勝率は良いけど、手数料のせいで資金はマイナスだよ。」

それは言い過ぎ。と思うかも知れませんが、実際にこういうコト起こるんです。


これを回避するには、コストの安い業者に移る事が一番手っ取りばやい方法です。
取引コストと言うと、私達は往復手数料に目が行きがちですが、往復手数料と同じくらい重要なのがスプレッドです。


往復手数料無料!とうたっている業者でも、スプレッドは5銭。なんて業者がまだまだあります。
これにだまされちゃう人、かなり多いので気をつけてくださいね。

そういう意味でも、これから紹介するJNSのFX−naviは、往復コストが業界最低レベルなのでオススメです。

具体的に見ていくと・・・。


■片道手数料が、たったの1銭

1万ドル取引したとして、手数料は片道100円、往復だと200円です。
この手数料はかなり激安です。ディスカウント状態です。

これだけでも十分安いんですが、実はこれだけではありません。


■ドル/円のスプレッドが、たったの2銭

そうなんです、手数料が200円で格安な上に、スプレッドがたったの2銭なんです。


1銭!2銭!と書かれても、どのくらい安いのかイメージ側から居方もいると思います。
この、片道手数料1銭、スプレッド2銭がどれくらい安いのかというと・・・。

例えば、ドル円を買うとします。
114.23円でドルを買ったとすると、往復手数料2銭、スプレッド2銭で取引コストは4銭ですよね。

114.23 + 0.04 = 114.27 になります。

そうなんです!
買値よりもたった4銭だけレートが上がれば、そこから先は、上がった分だけ、あなたの利益になるんです。

そう考えると、かなり安いですよね。


しかし、隠れコストのスプレッド、他の業者はそれなりに大きい金額取ってるんですよね。
なぜなら、このっスプレッド分も業者側の儲けになるからです。

それに、同じ取引コストでも、手数料無料、スワップ4銭よりも、手数料2銭、スワップ2銭とバランスが取れていたほうが、投資家には親切だと思います。

そう考えると、FX−naviほど低コストで取引が出来る業者は、ほとんど知りません。


取引コストの安さは、特に短期トレードでは非常に強い見方です。
短期トレードを考えている人、他の業者でコスト高に悩んでいる人は、ためしに使ってみてください。
取引コストの効果が実感できると思いますよ。


※詳しい情報は、「FX−navi」のサイトで確認して下さいね。
なお、無料の資料請求もご活用ください!


ここまで、いいことを中心に言ってきました。


しかし、世の中、良いことばかりじゃありません。
もちろん、FX−naviにも、悪い部分があります・・・。


その前に、コスト安すぎじゃありません?
不思議に思いませんでした?

私は不思議に思いました。
そうです、FX−naviにも、悪い部分とは、ちゃんと儲かってるの?というコトです。

もちろん、(株)ジェイ・エヌ・エスは、金融先物取引業登録された健全な会社です。
でも、金融先物取引業に登録されているから、大丈夫と言うものではありません。

金融先物取引業に登録されるのは、最低限のレベルはクリアしているコトと思っています。

私達としては、コストが安い事はいいことなのですが、逆にやすすぎても心配です。
それは、倒産と紙一重だからです。

高い業者には文句を言い、安ければ心配する。
かなり身勝手な考えですが、みんなそう思いませんか?(笑)

そんな事言っても、この安いコストは魅力的です。
そこで、私達が利用する時に、少しでもリスクを減らす方法を考えてみました。


それは、証拠金をある一定金額に抑えておくコトです。

通常、儲かったお金はそのまま拠出金として使用してしまいますが、証拠金を一定にして、ある程度儲かった分は違う口座に移してしまうんです。

預けておく証拠金を一定にしておくことで、もしもの損失を限定しつつ、高めのレバレッジを設定して短期トレードで稼ぐ。
こんな使い方が良いと思います。

そうしておけば、何かの時にも今までの利益が全部なくなるというコトはありません。
自分でリスクを限定する方法としては、オススメの方法ですよ。
ぜひ活用してください。

この使い方で、自分でリスクを限定して使えば、短期トレードの強力な武器になってくれることでしょう!


※詳しい情報は、「FX−navi」のサイトで確認して下さい。

このページで紹介している内容は、サービス全体のほんとに一部です。
※詳しい情報は、「FX−navi」のサイトで確認して下さいね。

なお、無料の資料請求もご活用ください!

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved