Home > 外国為替戦略コラム > 守・破・離

守・破・離

スポンサードリンク


守・破・離という言葉を知っていますか?

守・破・離とは、何かを学び始めてから、1人立ちするまでの段階のことです。

何か新しいことをする時に、無意識に行っていることです。

遠回りのようですが、守・破・離の順にすすめることが、習得までの近道でもあります。

守とは、指導者の教えを守る段階です。

指導者の言うままに行っていく段階です。

ココでは、最低限の常識と、指導者の成功方法を学ぶことが大切です。


破とは、指導者の教えのとおりにやった結果、成功したものと失敗したものがあるはずです。

成功したものは拾い集め、失敗したものは原因の追究をしていきます。


離とは、破でわかった成功する方法よりも、もっと良い結果になる方法を考え実践していく段階になります。

ここで、身に付けたノウハウが自分のオリジナルの型になります。


それでは、為替での守・破・離とは、何を指すか考えて見ます。

まず、自分が納得できる成功者を見つけることから始めましょう。その成功者が自分の師匠になるべき人です。

実際に、成功している人に会うのはむずかしいです。しかし、執筆した本は本屋さんに置いてあります。

書籍も、成功者のノウハウが詰まったものです。書籍を師匠としても問題ありません。

私の師匠も、殆どが書籍です。


守では、師匠(書籍)の教えを試してみましょう。


その際、いきなりアレンジはしてはいけません。まず、指導のままに試して、師匠の投資戦略を身につけることが大切です。

意味が無さそうなコトでも、必ず試してみることが大切です。

意味がないと思ったことでも、それは無知がもたらした考えで、本当はかなりの効果がある方法かもしれませんから。


破では、指導の通りにして、利益が出たものだけを集めていきましょう。

もし、失敗したものでも、少し変えることで利益が出るようになるなら、変更してみましょう。


離では、破で集めたものに対して、もっと効率よく稼げる方法はないか、考えて自分なりのアレンジを加えていく段階です。


ココまでくれば、自分流の投資方法が、ほぼ確立されたと思ってよいでしょう。

しかし、ココで満足せずに、どんどん改良が必要です。

時によっては、違う師匠から学ぶことも重要です。

ぜひ、あなたオリジナルのトレード方法を見つけてください。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved