Home > 外国為替証拠金の特徴 > 金融先物取引業登録について

金融先物取引業登録について

スポンサードリンク


外国為替証拠金取引(FX)は、多くのリスクが伴うコトはご存知と思います。

資金を預けている業者が倒産する、詐欺に合うといった事例が過去に多くあった事は事実です。


そのような、悪質業者が存在するなか、2005年7月1日に金融先物取引法が改正されました。

金融先物取引法の改正により、外国為替証拠金取引業者も金融庁と財務局の監督下におかれることになりました。


改正された金融先物取引法では、外国為替証拠金取引業者に登録を義務付けていて、2006年以降は原則として登録されていない業者は、業務ができない事になっています。


この記事を書いている時点で、既に2006年2月です。

大きな問題がなければ、既に金融先物取引業者に登録されているはずです。


いまだに、金融先物取引業者に登録されていない業者には、口座を作らない。

また、既に取引してしまっている場合には、口座に預けている資金を減らして(または無くして)様子を見ることが大切だと思います。


あなたが取引している業者が、既に登録を受けているか知りたい場合には、金融庁のページで確認できます。

金融先物取引業者に登録されている場合、(金先)第 ○○ 号 と言う登録番号があります。

自分の、取引業者が金融先物取引業に登録されているか確認する時の参考にしてください。

なお、既に金融先物取引業者として登録されている場合でも、絶対に安心と言うわけではありません。

取引業者を決める時には十分に注意が必要です。


参考ページ:

金融庁のページ(http://www.fsa.go.jp/)

免許・登録を受けている業者一覧(PDF)(http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/sakimono.pdf)

登録申請中の業者一覧(登録申請業者一覧)(PDF)(http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/pre-saki.pdf)

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved