Home > 外国為替証拠金の特徴 > 証拠金取引とは?

証拠金取引とは?

スポンサードリンク


商品を購入する場合、お金を払って商品を購入するのが普通です。

しかし、為替の場合は取引したときにはお金の移動はせずに、ポジションを決算した時に発生した損益分だけが適応されます。

そのため、取引するだけの金額を用意する必要はありません。


その代わり、ポジション清算時に支払う金額をあらかじめ預けておく必要があります。これが証拠金です。


少ないお金を担保に、大きなお金を使うことになるので、非常に危険じゃないのか?と思うかもしれません。

為替には、預けた証拠金以上の損失が出ないようにする仕組みがあるので、証拠金以上の損失が出ることは殆どありません。
その仕組みをマージンコールとロスカットといいます。

注意しなくてはいけないのは、これらのシステムがない取引業者を利用しないということです。


最低でも、ロスカットのシステムがないと、為替が急激に動いた時に、証拠金を超える大きな損失を出してしまう可能性があるからです。

しかし、ロスカットは損失額が証拠金以内に抑えるコトを補償するシステムではありません。

各自がマージンコールやロスカットが行われない範囲で取引するよう注意が必要です。


この証拠金は、取引業者によって取引額の1%〜30%までさまざまです。この取引額に対しての証拠金の比率がレバレッジになります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved