Home > 外国為替証拠金の特徴 > レバレッジとは

レバレッジとは

スポンサードリンク

外国為替証拠金取引(FX)は、証拠金を納めて取引します。

レバレッジとは、納める証拠金の金額と、実際に使われるお金との比率の事を指します。

1ドル=100円のとき、1万ドルと交換するには、100万円必要ですよね。

しかし、実際に必要なお金は証拠金だけなので、もっと少なくても交換できます。


100万円使うときに必要な証拠金が、

 ・10万円の場合。 -> レバレッジは10倍です。

 ・20万円の場合。 -> レバレッジは5倍です。

レバレッジは、証拠金の何倍まで使うことができるかを表している数字です。

レバレッジの倍率は、「レバレッジ = 使えるお金 / 証拠金」で、求めることができます。


レバレッジは3倍〜100倍など、業者によってさまざまです。

レバレッジ100倍以上とかなり大きい業者もあります。


レバレッジの最大のメリットは、手持ちの資金が少なくても、レバレッジをかけることで大きな金額のやり取りが可能になることです。

しかし、注意しなくてはいけないこともあります。レバレッジ10倍では、使える資金も10倍、もちろん儲けも10倍、しかし、損失も10倍になるんです!!

資金10倍だ〜!と、手放しで喜んでいると、あっという間になくなってしまいます(苦笑)


レバレッジは、多ければ良い。という単純なものではありません。

しかし、しっかりと考えてうまく使えば、心強い味方になるでしょう!

レバレッジを使いこなす自身がない。
そんなときは、レバレッジをあまり大きく設定していない業者さんに口座を作ればいいと思います。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved