IFOとは

スポンサードリンク

外国為替証拠金取引(FX)には、相場を見ていなくても条件を決めて予約取引をする方法があります。

それが、IFD、OCO、IFOという注文方法です。

これらを駆使することで、為替の自動売買が可能になり、注文だけしておけば後は見なくても自動で売買してくれます。


ココでは、IFOの特徴を見ていきましょう。


IFOはIFDとOCOを複合させた注文方法です。IFDの2段目の注文をOCOで注文することができます。

これによって、新規購入から、利益確定や、損切りまでの一連の取引の流れをすべて自動でできるようになります。

IFO

例えば、1ドル=100円で相場は下がっていますが、そろそろ上がってきそう、という場合。

「1ドル99円になったら、ドル買い。その後は、1ドル=98円まで下がったら損切り。1ドル110円になったら利食い。」という取引したい。

そんなときは、IFDの1段目で、「1ドル99円になったらドル買い」注文をだします。

2段目はOCOで「1ドル=98円まで下がったらドル売り」、「1ドル110円になったらドル売り」の2つの注文を出せばよいのです。


あとは、ポジションを持てば、損切りも、利食いもすべて自動でやってくれます。

これを使えば、常に相場を気にしておく必要がありません。


非常に便利な注文方法ですので、ぜひ身につけておきたいです。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved