IFDとは

スポンサードリンク

外国為替証拠金取引(FX)には、相場を見ていなくても条件を決めて予約取引をする方法があります。

それが、IFD、OCO、IFOという注文方法です。

これらを駆使することで、為替の自動売買が可能になり、注文だけしておけば後は見なくても自動で売買してくれます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

ここでは、IFDの特徴を見ていきます。

IFDとは、「IF Done」の略で、「もし、注文が成立したら」の意味になります。

IFDは、1つの注文が成立したら、その次に有効になる注文を設定しておける2段構えの注文方法です。


IFDは、普通は同時にできない注文を可能にします。例えば、新規取引と決済取引を同時に注文することが可能です。

決済注文は、ポジションを持っていないとできない注文ですが、IFDを使用した場合可能になります。

なぜIFDなら可能かというと、IFDは1つ目の注文が成立したときに、初めて2つ目の注文を有効にします。

そのため、1つめと2つ目の注文は同時に注文されたことにはならないのです。


IFDの説明

IFDの使い方として、新規注文と利益確定の注文を予約する方法があります。


現在、1ドル=100円で上昇トレンドの真っ只中だから、ドル買いで利益を出すことを考えます。

具体的には、「1ドル=101円になったらドルを買って、1ドル=102円になったらドル売る。」といった取引で稼ぎます。

もし、IFD注文がないときにこの取引をしようとしたら、1ドル=101円になるのをまって、ドル買いをしてから決済注文をするでしょう。

しかし、1ドル=101円になるのは、いつになるかわかりません。すぐになるかもしれないし、何日もかかるかもしれません。

そんなときには、2段構えの注文方法で、新規注文と決済注文を同時に出せる、IFD注文で無事解決です!

IFDなら、1ドル=101円で購入注文をし、それが成立したら、1ドル=102円での決済注文が有効になります。

これで、1ドル=101円になるまで相場に張り付いている必要がありません。


もう一つの使い方として、損切り注文を同時に出すの使い方があります。

逆張りのときには使い勝手がよいと思います。

逆張りとは、そろそろ上がりそうだからかって上がるのを待っていよう。という実際に相場が動いている方向とは逆の注文から入る戦略です。

逆張りで怖いのは、予想に反して上昇せずに、そのままレートが下がってしまうことです。

そのため、常にロスカット注文を出しておく必要があります。


そんなときにも、IFD注文が有効です。

1ドル=100円で下降トレンド中だけど、そろそろ上がってきそうだから、ドル買いをしようと考えます。

「109円になったらドル買い。でも、予想が外れて108円になったらロスカット。」という取引をするときに、IFDで注文しておけば、1ドル=109円になるのを待たなくて済みます。

IFDで、1ドル=109円でドル買い注文。それが成立したら、1ドル=108円でロスカットが有効になります。


このように、IFD注文を使うことで、新規注文と決済注文が同時に注文できるようになったので、相場に張り付く時間が少なくなります。

時間のない投資家や、自由な時間を楽しみたい投資家は、使いこなせるようにしておきたいですね。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved