Home > 為替の仕組みと知識 > スイスフランの特徴

スイスフランの特徴

スポンサードリンク


永世中立国スイスは、かなり昔から、有事の避難先として知られています。

特に、2001年9月の米国同時多発テロ以降、アメリカ本土も安全ではないコトが知られてから、スイスフランが有事の避難先通過になっています。


昔から、金融サービスが盛んで、日本の庶民に、お金持ちと言えばスイスに銀行がある。というイメージまで植えつけるほどです(笑)


スイスは低金利でも有名です。

スイスフランの動きは、ユーロやポンドに似ているため、しばしばキャリートレードが行われています。

キャリートレードとは、金利の低い国の通貨で、金利の高い国の通貨を運用するコト。

そうするコトで、金利差が自分の収入になる仕組みです。


特に、スワップ派といわれる人達には、豪ドル/円、NZドル/円などと並んで、ポンド/スイスフランがポンスイと呼ばれてとても人気です。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved