Home > 為替の仕組みと知識 > 米ドルの特徴

米ドルの特徴

スポンサードリンク


米ドルは、基軸通貨で為替で最も強い力を持った通貨です。

原油や金など、それ以外の取引きも、ほとんどが米ドルで売買されています。

市場規模もかなり大きく、取引をする上で安心できる通貨です。


日本で、円安、円高といえば、米ドルに対して「円が安くなった」、「円が高くなった」という意味を持っています。

米国の景気がいいときはドル高に、米国の景気が安い時はドル安になるのが基本です。


しかし、米国は、政治的軍事的にも世界に与える影響が少なくないので、景気以外の影響も受けます。


よく言われるのが、「有事のドル買い」です。

軍事的に強い影響を持つ米国なので、世界のどこかで戦争が起こったときに、ドルを買って置けば安心。という心理から生まれた言葉です。

しかし、米国のテロ事件で、アメリカ本土も戦争の可能性があると考えれられているので、「有事のドル売り」という言葉までできてしまいました。

しかし、やはり米ドルは強く、有事のドル買いの路線にかわりは無いのではないでしょうか?

有事の時の安心感ナンバーワンは、スイスフランのようですけどね・・・。


米国には、双子の赤字といわれる巨額な赤字があるのも特徴です。

双子の赤字とは、財政赤字と貿易赤字のことです。

この双子の赤字が材料にされるようになると、ドルが下落する要因になります。


そんなドルも、ユーロができてからは、基軸通貨を脅かされ続けています。

ユーロができル前は、各国の外貨準備金は米ドルのみだった国が多いのですが、ユーロができてからは、米ドルとユーロの両方を持つ国が多くなってきています。


今は基軸通貨として、米ドルが市場でもっともチカラがある通貨になっていますが、今後はユーロに持っていかれるのか、2つの基軸通貨になるのか、ドルがそのまま基軸通貨になるのか、色々な議論が起こっています。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved