Home > 為替の仕組みと知識 > 為替介入とは?

為替介入とは?

スポンサードリンク


為替レートの急激な変動は、経済に影響を与えてしまうので、その変化を少なくするようにしようとします。

それが為替介入です。


為替の変化を少なくしようと動くので、円安の場合は、円買い介入、円高の場合は、円売り介入を行い、為替レートの急激な変化を止めようとしたり、ある程度の範囲内にとどめようと試みます。


為替介入は、財務大臣の指示の元に、日銀が行っています。

日銀為替介入という表現が使われるので、日銀が判断しているように思われがちですが、介入の必要性を決めているのは財務大臣です。

為替介入のための資金は、財務大臣が管理する、外国為替資金特別会計(外為会計)を使用します。


円売り介入の場合は、政府短期証券(FB)を発行して集めた円資金を売ってドルを買い入れます。

円買い介入の場合は、保有しているドルを売って円を買います。


過去の為替介入状況は、外国為替平均操作の実施状況で確認できます。


為替介入には複数の種類があります。

・単独介入:日本の通貨当局が単独に介入する

・委託介入:日本の通貨当局が海外の通貨当局に委託して介入する。東京市場の開いていない場合に介入の必要が生じた時などに用いられる

・協調介入:複数の通貨当局が協議のうえ、同時ないし断続的に為替介入を行う

この中で、最も効果が高いのは協調介入です。


為替介入の有効性ですが、判断するのは結構難しいです。

ですが、短期間でも大量介入されると行き過ぎを弱めることができるし、長期間に及ぶ介入がおこなわれると、効果が現れる。という見方が一般的なようです。

為替介入は、相場の流れを捻じ曲げようとする動きなので、注意しておきたいですね。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved