Home > 為替の仕組みと知識 > 為替市場の1日の動き

為替市場の1日の動き

スポンサードリンク

為替相場は、月曜の午前4時にシドニー市場が始まってから、土曜の午前6時にニューヨーク市場が閉まるまで、24時間休むことなく動き続けています。(冬時間は、土曜の午前7時に終了)

24時間開いている為替市場ですが、月曜日から土曜日まで休むことなく頻繁に取引されているわけではありません。

為替市場の1日の動きを確認していきたいと思います。

沢山ある為替市場のうち、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場が世界3大市場といわれています。

基本的には、この3大市場が開いている時間が、取引の多い時間になります。

ただ、東京市場は、ロンドン市場、ニューヨーク市場と比べるとかなり小さいといわれています。


為替市場の1日の流れを見てみます。
なお、時間は日本時間です。

4時: シドニー市場オープン

9時: 東京市場オープン

10時前後:東京市場の取引がピークに!

15時:ロンドン市場オープン

21時:ニューヨーク市場オープン

21時半:アメリカの経済指標が発表!
(冬は22時半ごろ)

23時頃:アメリカ経済指標の発表時間をピークに、このくらいの時間まで頻繁に取引されている。

4時:シドニー市場オープン


日本の夜に頻繁に取引されている事がわかります。

会社員であっても、頻繁に取引されている状況を見ることができる。

それが為替の良いところでもあります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved