Home > 為替の仕組みと知識 > 通貨の強気弱気

通貨の強気弱気

スポンサードリンク


相場のレポートなどを見ていると、USD/JPYにて、ドル強気、ドル上昇などの表現が使われています。

この、ドル強気とはどういうことなのでしょうか?


USD/JPYでのドル強気とは、日本円に対してドルが上昇傾向にあるという意味になります。

ドルが上昇傾向ということは、円主体の表現をすると、円安方向です。

それに対して、ドル弱気とは、ドルが下降傾向なので、円高方向のコトです。


USD/JPY相場の場合は、1ドルに対して円がいくらになるかの指標です。


「USD/JPY 100」とは、1ドルに対する円の値段が100円という意味です。


今後、レートが上がる予想はドル強気。レートが下がる予想はドル弱気となります。


「岡田さんは、ドル強気を予想しました。」

岡田さんは今後は円安になるだろう。と予想しました。


「佐藤さんは、ドル弱気を予想しました。」

佐藤さんは今後は円高になるだろう。と予想しました。


為替のレートは、左側の通過を基準になっています。

レートが上がると、左側のレートの価値が上がることになります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved