Home > 為替の仕組みと知識 > 外国為替市場

外国為替市場

スポンサードリンク


外国為替市場は、東京証券取引所のような場所があり、どこかの市場ですべてを仕切っているわけではありません。

世界中にさまざま市場があり、それらの市場が数珠つなぎになっているので、24時間休むことなく動き続ける市場です。


そのため、ニューヨーク時間の午後5時を1日の終わりとして考えています。

日本時間にすると、次の日の朝7時頃までです。アメリカが夏時間の時には1時間早まるので、次の日朝6時頃までになります。


月曜日にシドニー市場がオープンしてから、ニューヨーク市場がクローズするまでを1週間とします。

日本時間で言うと、月曜日の朝7時から、土曜日の朝7時までが為替市場の1週間になります。


外国為替市場は、ロンドン、東京、ニューヨークが3大市場といわれています。その他、シドニー市場やウェリントン市場など沢山の市場があります。


3大市場は取引量も多いため、3大市場が開いている時間は相場の変化が起こりやすくなります。


東京市場が始まる午前8時、ロンドン市場が始まる午後3時、ニューヨーク市場が始まる午後9時です。

3大市場が始まる時間から2〜3時間が1日の中でも為替が大きく変動する時間帯になります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved