Home > 為替の仕組みと知識 > 円資産しかないのに、外貨を売れるのはどうして?

円資産しかないのに、外貨を売れるのはどうして?

スポンサードリンク

自分は円資産しかないのに、USD/JPY売りができるのはどうしてだろう?

と思ったことがあると思います。

為替では売買差益だけを決算時に適応するため、特に問題なく行えます。
株の場合は、信用取引の口座を作る必要があります。


ここでは、持っていない筈の、ドルを売りから入ることを考えて見ましょう。

もし、1ドル=100円で、1万ドルを売ってポジションを構築した場合、2日後の決算日には、100万円貰えます。

しかし、元々ない1万ドルですので、その決済を次の日に繰り越します。

このように、ポジションを持っている間、決済日を永久に繰り越していきます。


1ドル=99円になったので、持っていた1万ドルを買います。

すると、持っていなかった1万ドルがあるので、先ほど売った1万ドルを補填するような形で決済されます。


決済日で、適応される売買は、以下の2つです。

・1万ドル売って、100万円を手に入れる。
・1万ドル買って、99万支払う。

1万ドルは、売った分と買った分で相殺されてしまいます。

それで、残ったのは、+100万円と、−99万円です。

この2つを計算して、手元には+1万円が残りました。

口座には、残った1万円が振り込まれます。


このように、為替は、売買差益を決済に用いるので、自分が持っていない通貨でも売ることができるのです。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved