Home > 為替の仕組みと知識 > 為替の売買は実は通貨交換

為替の売買は実は通貨交換

スポンサードリンク

通貨の売買はどのような仕組みなのでしょうか?


個人投資家の岡田さんが、ドルで預金がしたいと思い、銀行に行きました。

為替レートは1ドル=100円です。


岡田さんは、銀行で1万ドル × 100円 = 100万(円)を支払って、1万ドルを購入しました。

このように書くと、あたかも銀行から1万ドルを買ったように見えます。


しかし為替は相対取引なので、どこかに岡田さんに1万ドルを100万円で売った人がいます。

銀行はその誰かと、岡田さんをマッチングしたのです。


相対取引は、物々交換に近いかな?と思います。

原始人が、「この毛皮と、その肉を交換しようぜ?」といってお互いの物を交換する。

これが相対取引です。

為替は売買という表現を使いますが、実際には、自分の通貨と、誰かの通貨を交換しているのです。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved