Home > 為替の仕組みと知識 > なぜ為替は変動するか?

なぜ為替は変動するか?

スポンサードリンク

為替はなぜ変動するのでしょうか?


「景気」、「金融政策」、「金利差」などが、為替を変動するといわれています。

確かにこれらは、変動する原因にはなっていると思いますが、実際に変動するためには、売買が行われないといけません。


例えば、景気を判断する指数が発表されました。その発表は予想よりも悪い値でした。

悪い指数だった -> 景気は思ったほどよくなってないんじゃないか? -> 通貨は売っておこう。

と判断され、多くの人が通貨を売り始めました。その結果、相場が変動していきます。


もし、発表が悪い指数だったとしても、誰も売買行動を起こさなければ、為替はもちろん変動しません。


このように、相場は、指標の結果で変化するわけではなく、指標の結果を見て売買した人がいたので変化するんです。


先ほど述べた、「景気」、「金融政策」、「金利差」は、為替を変動する直接的な原因ではありません。

為替が変動する直接的な原因は、その方向に大きな資金が動くためです。


みんなが同じ方向に注文を出せば、もちろんそちら側に相場は動く。

巨額な資金が動けば、そちら側に相場が動く。

それが、相場の変動する原因です。


そのため、「景気」、「金融政策」、「金利差」の変化に敏感になるのではなく、その変化がもたらす人間の動きに敏感になる必要があります。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved