Home > 投資の基本知識 > マネーマネジメント

マネーマネジメント

スポンサードリンク

FXを始めると、売買手法や売買タイミングにばかり気が行ってしまいます。

しかし、それらよりももっと大切なのがマネーマネジメントです。


マネーマネジメントとは、その名前が示すとおり、資金管理のことです。

実際にいくらかけて、損切りはどのくらいの位置に仕掛ける。

等、投資をしていく上でもっとも大切な、資産という虎の子を管理する方法です。


マネーマネジメントがしっかりしていないと・・・、

「1回のトレードで資金の半分を失ってしまった。」

「含み損が100万円超えてしまった。」

「損切りしたくても勇気が出ない・・・。」

「もう少し待ったら、少しは損も減るんじゃないか?」

そう自分に言い聞かせて、結局はロスカットにかかり、資金がなくなって相場から撤退・・・。


なんて悲惨な目にあわない、とは言い切れません。

そんなことないよ〜。私は大丈夫。というかもしれませんね。

でも、注意するに越したことはないです。みんな、自分は大丈夫と思っているのですから(笑)


実際の相場でそんなことにならないように、マネーマネジメントをしっかり決めておく必要があります。

しかし、このマネーマネジメント。ほとんど話のネタにされることはありません。

投資の書籍などを呼んでも、後ろのほうに、ほんとに少しだけおまけ程度に載っているだけです。


読者は、本に載っている売買方法を試したくて仕方ありません。

気持ちは、未来の億万長者です(笑)


そのため、おまけのように付いているマネーマネジメントの部分はほとんど気にしないでしょう。

気にしないどころか、読んでいないかもしれません(笑)


ココでは、私がやっているマネーマネジメントを紹介します。

私の場合は、損切りラインを全資産の5%に設定しています。


100万円の資金があったら、1回の損失は5万円までです。

それを越えないような場所に損切り注文しておきます。


1万ドルのポジションを持っていた場合は、−1円で1万円の損失です。

損失は5万円までなので、5円下まで相場が生きています。

また、ロスカットに余裕があるので、ポジション数を増やすのも良いでしょう。

2万ドルで、−50銭。
3万ドルで、−33銭。
4万ドルで、−25銭。

のようにしていきます。


10万ドルの場合は、相場が1円下がると10万円になってしまいます。

この場合は、−50銭でロスカットの注文を出します。

自分流のマネーマネジメントが固まったら、それに合わせた売買方法を詰めて行きましょう。


この辺は、細かい微調整が必要です。

ポジション構築したばかりなのに、少し相場が下がってロスカットにかかってしまった・・・。

しかも、その後予想の通りの動きをしている・・・。

ということもたびたびあります。


その時は、マネーマネジメントを見直すのではなく、相場への入り方を少し変更しましょう。

そういった微調整のために、デモトレードがあります。

私はバーチャルFXを利用しています。もしかしたら、うれしい商品がもらえるかもしれないので(笑)


バーチャルFXの詳細は、サイトで直接見てください。

気になる優勝商品は、高級車○○○○○○○ですよ。


私が使っているのは、一般的なマネーマネジメントです。

どこかで見たような内容だと思います。

これを機会にしてマネーマネジメントについて考えていただけたら幸いです。

マネーマネジメントをしっかり守って、楽しい相場ライフを送って下さいね。

スポンサードリンク

スポンサード リンク


サイト検索

Google
Web fxmemo.net

お知らせ

button_logo.gif
All Aboutに紹介されました。

- サイトマップ -
Copyright © 為替投資入門 All rights reserved